キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


玉原高原森林キャンプ場

Aug.11, 2004 ブナの森の静かなキャンプ

小学1年生の息子に「テントに泊まりたい」とせがまれて、初めての夏休みに初めてのキャンプに行って来た。場所は「玉原高原森林キャンプ場」。玉原高原は標高1,300m。玉原スキー場やラベンダーパークで有名な場所。他にもロックフィル方式で作られたダム湖「玉原湖」、小尾瀬とも言われる「玉原湿原」、そしてブナの森など、自然を満喫できるスポットがたくさんある。キャンプ+αとして思いっきり自然を楽しめる。

続きを読む "玉原高原森林キャンプ場" »

秩父彩の国キャンプ村

Jun.26-27, 2004 手作り感覚いっぱいの、林間サイト

ゴールデンウィークも終わり、そろそろ観光シーズンも幕を開けようとする5月末。初めてのキャンプ場に出かけることにした。東京の西のはずれにある我が家から、ちょっとだけ足を伸ばした秩父方面。オートキャンプ場はたくさんあるのだが、その中でも少しでもサイトの広そうな場所を選ぶことにした。

続きを読む "秩父彩の国キャンプ村" »

北軽井沢スイートグラス

Oct.11-12, 2003 イベントいっぱい。ティピーも楽しい。浅間山のきれいなキャンプ場

ハッピーマンデーの制度ができて、とにかく三連休の数が増えた。飛び石には飛び石の良さがあるのだが、3日休みがあると、ちょっと遠くに出かけよう、という気持ちになるのは事実である。10月最初の3連休、軽井沢まで足を伸ばしてキャンプを楽しむことにした。

続きを読む "北軽井沢スイートグラス" »

実谷オートキャンプ場

Jul.27-28, 2002 海水浴と組み合わせたキャンプ

今年の夏は暑い。梅雨が明けてからというもの、関東地方では毎日30度を越える日が続いている。夏休み最初のキャンプは、海水浴と組み合わせて計画することにした。

続きを読む "実谷オートキャンプ場" »

山田大橋キャンプ場

Jun.08-09, 2002 東京都内、秋川沿いのキャンプ場

雨ばかりだった5月が終り、このまま梅雨に入ってしまうかと思っていたら、6月に入ってからというもの、毎日真夏のような暑さと日差しが続いた。いずれ梅雨に入ってしまうことは確実なので、晴れている間にたっぷりキャンプを楽しむことにした。

続きを読む "山田大橋キャンプ場" »

飯能河原

Jul.06, 2002 手ごろな日帰りバーベキュー河原

7月最初の週末。梅雨の合間の青空が広がった。しかし朝寝坊してしまったので、泊まりのキャンプに行く気分にはならず、日帰りででかけることにした。いつもなら、家の近くの秋川沿いの河原を利用するのだが、今回は少しだけ足を伸ばして、埼玉県の入間川の河原にでかけることにした。

続きを読む "飯能河原" »

BOSCOオートキャンプベース

May.25-26, 2002 たっぷり森林浴できる、川沿いのキャンプ場

今年の5月は雨が多い。五月晴れとは名ばかりで、毎日毎日曇り空が続いていた。週末も、どんよりした気分ばかりの毎日だったのだが、予報を見ると今月最後の土日は、どうやらきれいに晴れてくれそう。

続きを読む "BOSCOオートキャンプベース" »

千石台オートキャンプ場

Apr.28-29, 2002 千葉の山の中、のんびりしたキャンプ場

GWに千葉への小旅行を計画した。1日目は道の駅での車中泊をし、2日目にキャンプ場を利用しようとしたが、計画を立てたのが遅くて、有名なキャンプ場はすべて満員。しかたなくキャンプ場ガイドをもう一度端から見直す。千葉のキャンプ場は、ほとんど利用したつもりでいたが、改めて探すとまだまだ行ったことのない場所もあるもので、今回利用した「千石台キャンプ場」もその中のひとつ。予約ができた、といっても、空いていたのは第二キャンプ場。「第二」というのがちょっと気になりながらも、京葉道経由で南房総に向かう。

続きを読む "千石台オートキャンプ場" »

このまさわキャンプ場

Apr.20-21, 2002 首都圏からも近く、のんびり川遊びを堪能できるキャンプ場

家から近いキャンプ場、というのはありがたいもので、土曜日の午前中はゆっくりと自宅で過ごしてから、のんびり出発する、というパターンも気楽で良い。

今回利用したのは、神奈川県津久井町の「このまさわキャンプ場」。出発してから、車内から電話で予約しようとすると、この日は4台しか利用者がいないので、直接受付をどうぞ、とのこと。ますます、のんびりした雰囲気になってきた。

続きを読む "このまさわキャンプ場" »

ファミリーパーク那須高原

Feb.9-10, 2002

2月の3連休。天気予報では、「冬型が強まり、太平洋側では晴天が広がる変わりに、相当の寒さが予想される」と報じている。今年初めてのキャンプ、「寒さ」には勝てず、ログキャビンを予約することにした。

続きを読む "ファミリーパーク那須高原" »

かずさオートキャンプ場

Oct.27, 2001

10月の連休、紅葉にはまだちょっと早いが、気候的にはキャンプに一番の季節かもしれない。空には抜けるような青さが広がり、暑くもなく寒くもなく素晴らしい天気となった。個人的には、テント泊で十分と思っていたのだが、家内が気をきかせて「ケビン」を予約。まあ、子供が風邪をひいてしまうと一番困る人自身なので、おとなしくテントはあきらめて次回に回すことにした。

続きを読む "かずさオートキャンプ場" »

リバーパーク上長瀞オートキャンプ場

Sep.23, 2001

埼玉県長瀞は、荒川を中心とした観光地として有名な場所である。荒川を昔ながらの川舟で下るライン下りは特に有名で、最近ではラフティングやカヤックの名所として、東京方面から大勢の人々が訪れるポイントとなっている。

リバーパーク上長瀞オートキャンプ場:イメージ1

「有名」といっても、長瀞を訪れたのは、実は今回が初めて。「川」といえば、家の近くの秋川や多摩川をイメージしていたので、子ども達と一緒につりをするつもりで道具も持参した。ところが。長瀞あたりの、荒川は思ったよりずっと急な流れであり(ライン下りがあるほどだから、良く考えたら当然のことだった….)まったく釣りなどできずに終わってしまった。

続きを読む "リバーパーク上長瀞オートキャンプ場" »

芳ヶ平キャンプ場

Aug.25, 2001 リンドウの花に囲まれて

芳ヶ平キャンプ場:イメージ1

今年の夏は全くおかしな天気だ。7月は猛暑、40℃などと沖縄の人からさえ同情される始末。それが8月に入った途端に曇りがちの日が続き、せっかくの週末は雨ばかり。さぁ、どこへ行こうかという気になる時がなかった。満を持した最終週、予報では土曜日だけは晴れるとのこと。以前から気になっていたが機会のなかった芳ヶ平のキャンプ場へ出かけた。

続きを読む "芳ヶ平キャンプ場" »

十里木ランド (日帰り専用デイキャンプ施設)

Jun.24, 2001 日帰りのバーベキュー施設、「十里木ランド」を利用

今は6月。まさに梅雨の季節ということで、キャンプシーズンとはいえない時期である。しかし、運良く晴れれば、かなり気温も上がり素晴らしいキャンプ日和となることもある。夏休みとも違って混み合うこともないので、天気さえよければ隠れた好シーズンでもあるのだ。
たまたま前日の天気予報では、「晴れますよ!暑くなりますよ」と連呼していたので、期待して早起きしたのだが、あいにくの曇り空。いまにも雨が降り出しそうな濃い灰色の雲が西からやってくる。この天気では泊まりのキャンプに行く気分にはならず、午前中は家でごろごろして過ごしてしまった。
ところが、一向に降り出す気配もなく、うっすらと日もさすほど。これは梅雨時としては貴重な休日だ。あわててどこかに遊びにでかけることにした。とりあえず、炊飯器の中のご飯をおにぎりにし、おかずは途中で購入。一路西へ向かうことにした。

続きを読む "十里木ランド (日帰り専用デイキャンプ施設)" »

キャンベルヒルズ

May.19-20, 2001 東京都にある唯一の村「檜原村」

来年度から公立の学校でも、すべての土曜日が休みになる。しかし、今年の第1・第3(最悪な巡り合わせのときは、第5土曜日という月もある。)は、じっと我慢だ。子供の学校が終わって、家に帰ってくるのが1時近く。それから大急ぎで宿題を終わらせ(この辺が小心者の親子)、おにぎりを作って車に乗り込む。1泊1.5日のキャンプに出発である。

続きを読む "キャンベルヒルズ" »

オートキャンプ場ニュー勝浦温泉

Apr.28-29, 2001 オートキャンプ場ニュー勝浦温泉

我が家の場合、キャンプにでかけた夜は、あまり風呂やシャワーを利用することがない。夜は夕飯を食べてのんびりしていると、すぐに辺りは暗くなってしまうし、そうなるとわざわざシャワーを浴びに行く元気がなくなってしまう。特に普段の土日は、ほとんど1泊の行程なので、まったく気にせずそのまま寝てしまうのが常だった。

続きを読む "オートキャンプ場ニュー勝浦温泉" »

緑の休暇村 青根キャンプ場

Apr.14-15, 2001 今年初のテント泊に行ってきました。

最近のオートキャンプ場は、事前に予約が必要で、きちんと区画されているパター ンがほとんどである。私が利用する場所も、ほとんどがそういうタイプのもので、い つのまにかそれがあたりまえのように感じられていた。河原のバーベキューからス タートした頃には、わざわざ電話で予約していくなんて考えられなかったし、となり との間にロープや線が引っ張ってあるのも不自然に感じられたものだった。しかし、 ガイドブックなどに載っているキャンプ場の中では、フリーサイトの場所は圧倒的に 少なくなってしまった。

続きを読む "緑の休暇村 青根キャンプ場" »

ファミリーパーク那須高原

Mar.29-31, 2001 3月末に利用した、那須ファミリーパークでのキャンプ

家族でキャンプをするときに、キャンプ場だけで、キャンプだけを満喫するだ けでは、ものたりなくなる時がある。チェックイン前後に立ち寄って遊ぶ場所を 捜しておいて、それと組み合わせて計画を立てることがよくある。今まで、キャ ンプ+遊園地、キャンプ+釣り、キャンプ+いちご狩りなどのパターンを経験した ことがあるが、今回は2年ぶりの「キャンプ+スキー」という豪華なパターン。

続きを読む "ファミリーパーク那須高原" »

成田ゆめ牧場オートキャンプ場

Jan.13-14, 2001 今年最初のキャンプ

千葉県下総町に「成田ゆめ牧場」という観光牧場がある。羊や牛とふれ合える場所なのだが、道路をはさんでオートキャンプ場が隣接している。首都圏からのアクセスもよく、トップシーズンにはかなり混みあう場所である。今年度最初のキャンプは、この「成田ゆめ牧場キャンプ場」を利用することにした。さすがに、キャンプ場はガラガラで、我が家のほかに飛び込みのキャンピングカーが1台あるだけ。4度目の利用なのだが、いつもの混みぐあいを考えるとうそのような状態である。

続きを読む "成田ゆめ牧場オートキャンプ場" »

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

Nov.18-19, 2000 場内に清流流れるキャンプ場 紅葉も美しい!

11月も下旬となると、そろそろキャンプシーズンも終わりに近づく。日中は晴れて暖かくなっても、夜中のテント泊はちょっとつらくなってくる季節である。しかし、シーズンオフのゆったりしたキャンプも捨てがたいし、まさに紅葉狩りのシーズンでもある。夜中の冷え込みは大量の毛布持参と、電源サイトの利用で対応することにして、秋のキャンプを満喫することにした。

続きを読む "ケニーズ・ファミリー・ビレッジ" »

秋川・サマーランド付近デイキャンプ

Nov.5, 2000 秋川河原のバーベキュースポット

日曜日の午後、天気予報が少し外れて、思いのほか秋晴れの一日だった。家にいるのももったいない、といって遠出をするほどの時間的余裕が無い。そんな時、自宅より数分で到着できる場所に、ちょっとしたバーベキュースポットがある。秋川の河原である。

続きを読む "秋川・サマーランド付近デイキャンプ" »

イレブンオートキャンプ場

Oct. 14-15, 2000 場内に遊び場いっぱいのキャンプ場

私は半年前まで千葉県に住んでいた。東京に引っ越してから、妙に千葉での暮らしがなつかしく、今回は行き慣れたイレブンオートキャンプ場を利用することにした。首都高の渋滞を抜け、千葉県に入る。館山道を木更津で降り、県道に入ると、山間の田園風景が広がり始めた。稲刈りの済んだ田の畦にはコスモスが花開き、農家の庭先には柿がたわわに実っている。現在の住居であるあきる野市は、東京の中でも決して都会とはいえない地域にあるのだが、それでもこれほどのどかな風景にはお目にかかれない。なんとも懐かしい気分でいっぱいになる。

続きを読む "イレブンオートキャンプ場" »

オートキャンプしあわせの丘リゾート

Jul. 28-29, 2000 千葉には珍しい高規格キャンプ場

現在住む東京都あきる野市に引っ越すまでの間、千葉県の館山市に4年間在住していた。千葉県内のキャンプ場には10箇所以上通ったが、残念ながら概してサイトがせまい。ミニバンや1ボックスを乗り付けて、そこにタープを設営すると、「さて、テントはどうしよう」という場所が結構あった。北海道のキャンプ場と比べてしまうのは酷だが、関東近郊の 茨城、埼玉あたりのキャンプ場と比較しても、概して「サイトの広さ」「設備の充実度」という点では見劣りしてしまう。(これは、あくまで個人的な感想である。)そんな中で、昨年某キャンプ雑誌でこんな記事を見かけた。「千葉県初の高規格キャンプ場オープン」「高規格」というのがどんなものを指すのか不明だが、何よりサイトが広いらしい。しかも、オープン記念で「先着50名無料招待」とまで書かれている。大慌てで応募すると、嬉しいことにちゃんと無料招待券が届いた。タダで利用させていただいたから言うのではないが、なかなかの好印象。ただ、まだ場内各所が工事中で、クレーン車などが作業をしていた。また、場内の芝生がまったく根付いていないので、ちょっと歩くだけでずるずるはがれてきてしまう。完成後はどんな姿になるのか、また、その後この施設のレベルをどうやって維持していくのかという点が、新設キャンプ場ならではの課題だと感じた。

続きを読む "オートキャンプしあわせの丘リゾート" »

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場

May.13-14, 2000 場内に清流流れるキャンプ場 紅葉も美しい!

この四月に千葉の館山から、東京のあきる野に引っ越した。東京に引っ越して五日市の庁舎に出かけたとき、なぜかそこにこのキャンプ場のパンフレットが置かれていた。場所は埼玉県だが、圏央道を使えば、家からもかなり近いことがわかり、さっそく利用することにする。

続きを読む "毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場" »

キャンピングガーデン・モク

Apr.29-30, 2000 東京とは思えない自然

東京都にある唯一の「村」が檜原村です。東京の西の端にあり、山梨県に接しています。東京とは思えない自然が残されており、中でも秋川の源流近くになると、とてもきれいな水が流れています。今シーズン最初のキャンプは、この檜原村にある「キャンピングガーデン・モク」を利用しました。

続きを読む "キャンピングガーデン・モク" »

ページのトップに戻る