ツーリングレポート

サブナビゲーションをスキップ



学生気分ツーリング!ソースカツ丼完食せよ!

May.30-31, 2004 権兵衛峠経由~駒ヶ根家族旅行村

梅雨を前に「ここで一発盛り上がろう!」なんて気分で集まったのが10名のライダー。午前9時、国道158号線にある道の駅風穴の里に集った。天気は幸いにも薄曇り。老若男女の集りだが、今日は全員大学生気分に違いない。だってソースカツ丼食うんだもん。ソースカツ丼とは、何を隠そうカツ丼のルーツですらあるという話だ。駒ヶ根の名物で、大正10年に考案されて以来、貧乏で大食な学生の胃袋を満たしてきたとかこないとか。いざ駒ヶ根。

続きを読む "学生気分ツーリング!ソースカツ丼完食せよ!" »

白馬から長野市内へ

Jun.02, 2002 感動の山岳展望ツーリング

信州へのツーリングには、およそ20年間はまっている。魅力的な峠道が多く、山岳展望もダイナミックなのが気に入っている。中でもこのコースは、オートバイにまたがったまま、白馬や戸隠の大パノラマが堪能できるから、何度も走ったことがある。冬以外ならいつでも走れるが、新緑や紅葉の季節をお勧めしたい。山々が色鮮やかだし、高い山の頂きに残雪や新雪が見られることも多く、感動もひとしおだ。

続きを読む "白馬から長野市内へ" »

広瀬ダム~クリスタルライン

初冬の紅葉、林道の旅 Nov.11, 2001

広瀬ダム~クリスタルライン:イメージ1

今回は、山梨県北部の山々に、初冬の風と紅葉を堪能しようという目的のツーリングだ。広瀬ダムは秩父山地の西寄り雁坂峠付近に位置し、国道140号線が近くを通過している。現在は雁坂トンネル有料道路が整備され、道幅も広く、観光地的な賑わいをみせる。ここから徒歩で西沢渓谷などを散策する事も出来、多くの観光客が軽装でトレッキングしている。今回は、山梨県塩山市から国道140号線を広瀬ダム方面に登り、ダム湖周辺で引き返してクリスタルラインへ入り、紅葉を楽しんだ後、昇仙峡北部経由で甲府市へ向かうというルートでツアーした。クリスタルラインとは、山梨県北部を走るいくつかの林道の総称であり、舗装はされているがやはりそこは林道なので道幅は狭く、曲がりくねった道路が延々と山伝いに60km以上も連なる、というルートで、そのような状況もあってか、交通量はさほど多くもなく、静かな山の雰囲気を楽しみたいという向きにはおあつらえの場所だ。あくまで林道であるので、いくらかは腕に覚えのある方、山岳路の経験がある方向き、である。

続きを読む "広瀬ダム~クリスタルライン" »

八十里越マウンテンバイク

Oct.07, 2001 腰抜け武士の越す峠

八十里越マウンテンバイク:イメージ1

『それにしてもこの峠の長大さはどうであろう。樹海は眼下にあり、道は天空に連なってゆく。八十里こしぬけ武士の越す峠と、継之助は我が姿を自嘲した。』小説「峠」で司馬遼太郎は語っている。越後と会津を結ぶこの街道は往時には年に2万人もが越えた。しかしその険しさは一里が十里にも思えるという。これをマウンテンバイクで走破することは長年の懸案だった。たまたま訪ねた友人宅で「岳人'97.10月号」を見つけ、なにげなく捲るとその八十里越の記録があった。これはもう行かない訳にはいかない。

続きを読む "八十里越マウンテンバイク" »

浅間山湯ノ平マウンテンバイク

新緑を走る Jun.03, 2001

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ1

浅間山山頂西面の湯ノ平は旧カルデラ火口にあたり、外輪山とに挟まれたそこは何処か外国の山のような雰囲気がある。火山岩の堆積した山頂部、切り立った壁の外輪山、その間の緩やかに広がる草原大地、さらにその向こうにはまだ雪の残る八ヶ岳が遠望できる。また浅間山は比較的水はけの良い山なので雨が降った直後でも快適に登ることができる。来週はいよいよ梅雨入り、そんな予報を耳にして貴重な週末の晴れ間、自転車を積み込み登山口の天狗温泉「浅間山荘」に向かった。

続きを読む "浅間山湯ノ平マウンテンバイク" »

ページのトップに戻る